これまでの活動詳細

HOME» これまでの活動詳細 »#4 市民総幸福の最大化

これまでの活動詳細

#4 市民総幸福の最大化


市民総幸福の最大化

東洋経済ONLINE様
「地味だけど良い政策を探しに行こう」にご掲載いただきました。

京丹後が誇る「市民総幸福のまちづくり条例」
市や県の枠を超えて人を支える政策
 
↑クリックでPDFが開きます。 ↑クリックでPDFが開きます。
市や県の枠を超えて人を支える政策(上) 市や県を超えて人を支える政策(下)
   
 
「市民総幸福の最大化」と、その限りない増進と発展ー地域からリードして「幸福大国・日本」をー  
     
  誰もが幸福をますます実感できるまちづくりへ!全国52自治体と「幸せリーグ」を結成!  

  • 近 年、「住民の幸福」を基点とした行政運営 に取り組む動きが国内外で進む中、西川・東京都荒川区長、市原つくば市長と中山市長の3人の呼びかけで、住民の幸福実感向上を目指す全国の自治体が連携 し、「幸せリーグ」を結成。相互に学び合い、高め合い、誰もが幸福を実感できるあたたかい地域社会を築いていくことを宣言。
 
 
   
   
     
  「市民総幸福のまちづくり推進条例」を全国で初めて制定!! 「まちづくり基本条例」や「第2次総合計画」にも行政運営の中心軸に「幸福」を明確に位置づけ!  

  • 誰 もが幸福をますます実感できる「市民総幸 福のまちづくり」の理念と基本方向を明記した上記条例を、まちづくり委員会、1年近い市議会のご議論・修正を経て全国で初めて制定。まちづくり基本条例の 追加、総合計画への明記も行い、市民みんなで市民それぞれみんなの幸福向上の大切さを共有してまちづくりを推進。
 
   
   
     
  「丹後建国1300年記念祭」を本紙が中心となり3市2町で開催。「丹後王国物語」〜丹後は日本のふるさと〜も出版!  

  • 25年、西暦2年は「丹後の国」誕生から1300年となる記念すべき年。この100年に1度の機会を迎え、「丹後は日本のふるさと」をコンセプトに、過去、古代の原点から学び、懐かしくて新しい未来を創るため、地域の宝を再発見し、国内外に情報発信を行った。
 
   
   
     
  「市政施行10周年記念式典」を挙行。名誉市民の韓昌祐さんから記念講演。  

  • 26 年11月、「京丹後市 市政10周年記念式典」を挙行。市民の皆さんのたゆまざるご尽力に感謝、地域の発展に功労・功績のあった方々への表彰と名誉市民の 韓さんによる記念講演を実施。式典は、高校生の視界のほか未来を担う中高生中心に運営し、未来に伸びゆくまちへと展望を市民みんなで共有。
 
 

     
◀︎ #3(2)道路・インフラ整備 一覧へ戻る #5 米軍Xバンド・レーダー ▶︎